顧客を一元管理できるリード管理機能

上手くリード管理を行えば売上アップも期待できる

マーケティングや営業活動でよく用いられているリードとは、一言で言うと見込み顧客の事を指します。見込み顧客とは企業の事業内容やサービスにに対して興味関心をもっているユーザーです。数多くのユーザーの中からターゲットとなる見込み顧客に上手くアプローチできれば、売り上げアップに繋がるなどのメリットが得られる事が期待できます。そのため、売上アップに繋げるには適切なリード管理は必要不可欠と言えます。リード管理を上手く活用できれば、企業のファンになってくれるユーザーや企業に興味関心がないユーザーに対してそれぞれ最適なアプローチ方法が導き出せるのです。そのような背景もあり、ほとんどのマーケティングオートメーションにはリード管理機能が備わっていると言えます。

行動履歴も管理してくれるリード管理機能

マーケティングオートメーションの主な機能の一つであるリード管理機能では見込み顧客の属性情報だけでなく、様々な行動の履歴も一元管理する事が可能です。そのため、見込み顧客のニーズを正確に見極めるという目的でリード管理機能が用いられているケースは多いと言えます。またリード管理機能では市場を細分化し、顧客のニーズごとにグループ化するセグメンテーションが可能です。例えば、前日サイトを閲覧した見込み顧客をセグメンテーションする事で、効果の高いメール配信によるマーケティングもできるようになります。他にもリード管理機能では、見込み顧客の行動履歴の中から購買行動に繋がると思われる重要な行動を自動抽出してくれます。