施策に合ったターゲットへ送るメール配信機能

メール配信はマーケティングオートメーションの基本

マーケティングオートメーションではメール配信によってユーザーにアプローチするのが基本の一つです。ただ、むやみやたらにメールを配信するのではあまり効果が上がりません。ユーザーがメールを受信したときに、いつも自分のために役に立つ情報を送ってくれているという印象を持っていると開封して中身を読んでくれる可能性が高まります。そのために欠かせないのがターゲッティングです。マーケティングオートメーションではただメールを配信するのではなく、ターゲットごとに適切な内容のメールをタイムリーに送る機能があります。ターゲッティング機能を上手に活用することができるとマーケティングオートメーションを導入した効果が飛躍的に高まります。

ターゲッティングの基本

メール配信に置けるターゲッティングでは属性に応じた内容のメールを作り、読むと期待される時間帯を狙ってスケジュールして配信するのが基本になります。同じ内容のメールでは会社員、主婦、学生といった違い、あるいは性別の違いなどによって魅力的に感じるかどうかが異なります。また、会社員や学生に向けて日中にメールを配信してもあまり読んでくれないでしょう。夕方以降に配信するか、土日を狙って配信するのが効果的です。逆に専業主婦をターゲットにする場合には日中の方がメールを読む時間を確保しやすいと考えられます。このようにして内容と配信スケジュールをターゲットに合わせて策定すると効果的なマーケティングを実現できます。