マーケティングオートメーションのメリット

顧客への効果的なアプローチが可能

従来のマーケティング活動では、顧客が少ない場合は手厚いフォローができるものの、顧客の数が増えると画一的な情報提供しかできなかったり、有望な顧客を見逃してしまうケースが多発していました。ですが、マーケティングオートメーションを利用すると、見込み顧客が多かったとしても、それぞれの興味や関心の度合いに合わせたアプローチができるのがメリットです。また、マーケティングオートメーションには、顧客の情報や行動を総合して分析する機能があるため、状況を視覚化して把握することができます。そのことで、どのアプローチが有効かそうでないかが理解でき、より効果が出やすい方法を実施したり、販売が見込めそうな商品やサービスの開発にも役立ちます。

費用の面でも時間の面でも効率化が図れる

マーケティングオートメーションは、導入時は大変さがあるものの、マーケティング活動を自動化できることで、結果的にコスト面でも時間の面でも効率化が図れるのがメリットです。マーケティングオートメーションは、新規の見込み顧客の獲得や育成、管理まですべて自動化することができます。特に顧客の見込みを数値化するスコアリングの精度を上げていけば、売上の見込みが高い顧客に手厚いアプローチをかけることができるので、見込みが薄い顧客を含めてやみくもに電話するという作業はやらなくてよくなります。そのため、一人で担当できる顧客が増えることで人件費を削減できるとともに、売上に直接結びつく生産的な仕事に従事してもらうことも可能になります。