マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティング業務を自動化し、効率的に作業を進められる仕組みのことです。自社に合ったシステムを取り入れることで、コスト削減や売上アップに繋がります。ここでは、マーケティングオートメーションの特徴や主な機能について紹介します。

マーケティングオートメーションの特徴

マーケティングオートメーションを導入したいと悩んでいる方はいませんか。ここでは、マーケティングオートメーションのメリットやデメリットなどについて解説していきます。マーケティングオートメーションの特徴をしっかり理解してから、システムを選びましょう。

マーケティングオートメーションのメリット

従来のマーケティング活動では、顧客が少ない場合は手厚いフォローができるものの、顧客の数が増えると画一的な情報提供しかできなかったり、有望な顧客を見逃してしまうケースが多発していました。ですが、マー…

マーケティングオートメーションのデメリット

マーケティングオートメーションは、見込み顧客が多い営業現場に特に支持されているシステムですが、新たに導入する場合はデメリットを考慮したうえで、自社に最適なシステムを入れることが大切です。デメリット…

マーケティングオートメーションの選び方

目的や目標を考慮する

マーケティングオートメーションは、顧客を開拓するマーケティング活動を見える化し、自動化することで、より効果的な営業活動に結び付けられますが、自社に合ったシステムを導入しないと効果的に利用できない可能性があるため、注意が必要です。 マーケティングオートメーションを選ぶうえで大切な要素の一つが、目的を明確にすることです。システムを導入して実現させたいこと、解決したい問題をはっきりさせると、おのずと正しい選択ができるはずです。その際、具体的に実現させたい数値目標を立てることも大切です。さらに、自社商品やサービスを利用する年齢層を考えておくことも必要です。若い年齢層の顧客が多い場合は、メールに加えて、SNSなどとの連携ができるシステムの方が多彩なアプローチができます。

コストと運用面を考える

マーケティングオートメーションシステムは、決して価格が安い製品ではありません。そのため、費用対効果が見込めるシステム導入が大切です。コストを考えるうえで考慮したいのが、オンプレミス型、クラウド型のどちらにするかです。カスタマイズがしやすいのがオンプレミス型ですが、価格やサーバー管理などの運用面ではクラウド型に軍配が上がります。加えて考えたいのが、実際にシステムを使う方々のITスキルのレベルです。マーケティングオートメーションを利用する人はITの専門家ではないため、実際に運用する人のレベルに合ったシステム導入をしないと、今までのやり方に舞い戻ってしまう可能性があるため、機能面とともに使いやすさを重視した選択が大切です。

マーケティングオートメーションの主な機能

マーケティングオートメーションを導入する前に、どのような機能があるか知っておくことが大切です。自社に合ったシステムを取り入れると、より最適な方法でマーケティング活動できるでしょう。ここでは、マーケティングオートメーションの主な機能についてお伝えします。

施策に合ったターゲットへ送るメール配信機能

マーケティングオートメーションではメール配信によってユーザーにアプローチするのが基本の一つです。ただ、むやみやたらにメールを配信するのではあまり効果が上がりません。ユーザーがメールを受信したときに…

見込み顧客を数値化するスコアリング機能

マーケティングオートメーションに付与されているスコアリング機能は、見込み客であるリードの属性や行動の仕方に点数をつけて、自社の商品やサービスにどれほど関心を持っているか、購買意欲があるかを可視化す…

顧客を一元管理できるリード管理機能

マーケティングや営業活動でよく用いられているリードとは、一言で言うと見込み顧客の事を指します。見込み顧客とは企業の事業内容やサービスにに対して興味関心をもっているユーザーです。数多くのユーザーの中…